OrcaTorch D630 v2.0 Canister Dive Light Review: Illuminating the Depths

OrcaTorch D630 v2.0キャニスターダイブライトレビュー: 深さを照らす

OrcaTorch D710V UVダイブライトで水中の世界を探検 読む OrcaTorch D630 v2.0キャニスターダイブライトレビュー: 深さを照らす 1 分 GoPro用のOrcaTorchミニカメラトレイH02の汎用性を探る

A ダイブライト は間違いなく、ダイバーにとって最も重要な機器の1つです。 ダイビングの本質が水中の世界を探索することにあることを考えると、信頼できる光源を持つことが最も重要になります。 暗い場所では、ダイビングライトが優先され、マスクに次ぐ重要性があります。 一次ダイビングライト 多くの場合、高出力LED、大容量バッテリーパック、頑丈な構造などの機能によって正当化される高額な値札が付いています。 このレビューでは、Orcatorchかどうかを調べます D630 v2.0キャニスターダイブライト 、660ドル弱の価格で、その約束を果たし、より高価な代替品と比較して価値のある投資であるかどうか。
OrcaTorch D630 v2.0 canister dive light
パフォーマンスと明るさ:
Orcatorch D630 V2は、5つの高輝度Cree LEDを誇り、合計で印象的な4,000ルーメンを生成します。 これにより、私が今まで使用した中で最も強力なスポットライトの1つになります。 以前のモデルと比較して、D630 V2のキャニスターバッテリーは、驚くべき5時間高輝度モードを維持できます。 7 ° のタイトな焦点を持つ光線は、水中でライトセーバーのような効果を生み出し、その流出は周囲を照らし、包括的なビューを提供します。

デザインと機能性:
D630 v2.0キャニスターダイブライトは、使いやすさのためにチタンボタンを備えているため、ユーザーはさまざまな設定を簡単に切り替えることができます。 ボタンの近くのインジケータLEDは、バッテリの状態をユーザに知らせる。 充電レベルを示す4つのLEDを備えたバッテリーパックは、色覚異常テストに効果的に合格します。 安全ロック機能は、高性能LEDの固有の危険に対処して、偶発的な放電を防ぎます。

OrcaTorch D630 v2.0 canister dive lights for technical diving



ユニークな特徴:
D630 V2の特徴は、バックマウントとサイドマウント機能であり、ユーザーがキャニスターを離れるときにケーブルの角度を調整できるようにすることで柔軟性を提供します。 私は最初、潜在的な障害点について懸念していましたが、後で調査後にメカニズムが堅牢であることがわかりました。 調整可能なグッドマンハンドルは、さまざまな手のサイズに対応する多様性を追加します。 伸縮性のあるウェビングを巧みに取り入れて、好みのダイビングスタイルに合わせてハンドルをカスタマイズします。

耐久性とビルド:
アルミニウムで構成され、ミルスペックの陽極酸化仕上げでコーティングされたD630 V2は、洗練された耐久性のあるデザインを示します。 ライトヘッドの強化ガラスは耐久性を高め、亀裂に対する耐性を確保します。 箱から出した全体的なフィット感と仕上げは私に感銘を与えました。

OrcaTorch D630 v2.0 canister dive light for cave diving

結論:
ダイビングギアの分野では、トレードオフは避けられず、機能性、耐久性、およびコストのバランスを取ります。 Orcatorch D630 V2は、最も安価なオプションではありませんが、基本的な機能を犠牲にすることなく、より高価なキャニスターライトの魅力的な代替手段を提供します。 高品質のケースを含めて660ドル弱の価格で、このダイブライトはバックマウントとサイドマウントダイバーの両方にとって貴重な投資であることが証明されています。

コメントを書く

全てのコメントは、掲載前にモデレートされます

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。